[芥川龍之介] まんがで読破 羅生門

新着[はるか転載]
 ⇒Zippyshare [+AD]
 ⇒KatFile
 ⇒Salefiles
 ⇒DatasBit
 ⇒Uploads.to
 ⇒BigFile
 ⇒Uploaded
 ⇒DataFile
 ⇒Rapidgator – 107.6 MB

 

そうしなければ餓死する身なのだ!
 
『鼻』『歯車』『河童』等、多くの短編小説を残した大正文壇の寵児芥川龍之介の代表作。
表題作の他、今昔物語を題材に描いた『王朝もの』と呼ばれる作品2編を収録。
天災や飢餓に苦しむ平安時代の京都。都のシンボル羅生門にも盗人が住み、死人が捨てられ荒廃していた。屋敷をリストラされ路頭に迷う使用人が、死人の髪の毛を盗む老婆と出会い、生きるための手段を模索する。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です